ぽす(夫)とまる(妻)で運営する日常系ブログ

カップヌードルミュージアムに行ってきました!

 

こんにちは、まるです。
先日「カップヌードルミュージアム 大阪池田」に行ってきました!


 

カップヌードルミュージアム大阪・池田について

ぽすとまるが訪問したのは、「カップヌードルミュージアム 大阪池田」です。

大阪・池田について

入館料は無料です。施設内に、体験プログラムがありそちらを体験する場合は別途料金がかかります。
地図はこちらになります。

なんと、大阪池田はインスタントラーメン創業の地だそうです!
そうした理由もあってか、池田氏観光大使はチキンラーメンのヒヨコちゃんです。
駅構内・街中でたくさんのヒヨコちゃんを見ることができますよ!

ちなみに、カップヌードルミュージアムは、池田と横浜にあります。
関東近郊の方は横浜に行くのもありですね。

個人的には、大阪に来る機会がありましたら是非池田のカップヌードルミュージアムに是非足を運んでほしいですね。なんといっても、創業の地ですし…!

外観

池田駅から5分ほど歩いたところに、カップヌードルミュージアムがありました!

レンガの壁がレトロな感じがしてとても綺麗な外観です。
画像の左端のほうにうっすら見える銅像、こちらは…

日清の創業者の安藤百福さんの銅像です。

この方が世界初のインスタントラーメンを作ったんですね…!感動です。

中に入ってまずは、ぽすと楽しみにしていた「マイカップヌードルファクトリー」を体験することにしました!

マイカップヌードルファクトリー

マイカップヌードルファクトリーとは

世界でひとつだけのオリジナル「カップヌードル」を作ることができる工房。

自分でデザインしたカップに、4種類の中からお好みのスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングを選べます。

引用元:カップヌードルミュージアム 大阪池田

オリジナルのカップヌードルが作れるなんて楽しいですよね!
こちらは有料となっており、300円掛かります。

①カップを買う・デザインをする

マイカップヌードルファクトリーの待機列に並ぶと、係りのお姉さんから説明があります。
注意事項は下記のとおりです。

  • カップの蓋を外してはいけない
  • デザインをするときは、用意されたペン以外は使えない(シール、ボールペンはNG!)
  • カップの製造年月日に今日の日付を記載

こんな感じでしょうか…?説明を受けたあとに、自動販売機でカップを買い、手の消毒をします。
その後席に案内されます。案内された席でデザイン開始です!

マッキーを使って自分の好きなようにカップをデザインしていきます。
ぽすまるはこんな感じのデザインになりました!

左:ぽす 右:まる

デザインを作成し終えたらカップを持って、麺・スープ・具材を入れるコーナーに並びます。

↑のマークが目印です!

待っている最中に麺がたくさん流れてくるのが見えます。こんなにたくさんの麺を見ることはなかなかないですね…。

②麺を入れる

列の先頭に来ると係りのお姉さんが案内してくれるので、そこに行きカップを渡します。
カップを渡すと、最後に必要なビニール袋を渡されるので受け取ります。

お姉さんがカップを空気で洗浄すると、機械に麺とカップを設置してくれるのでレバーを6回まわします。

この麺の入れ方は安藤百福さんが考えた「逆転の発想」だそうです。
台形の面を上から入れると綺麗にはいらないこともあるので、麺にカップを被せてくるっと回すことで誰でも綺麗に麺が入る、ということだそうです!

そして次はスープと具材を選びます!

③スープ・具の選択

  • 4つのスープ(カップヌードル、シーフード、カレー、チリトマト)から1つ
  • 12種類の具から4つ

をお姉さんに伝えて入れてもらいます。

たくさんの具があって本当に迷いました…。
まるオススメは「ひよこちゃんナルト」です!とってもかわいいですし、市販のものではあまり見れないので…。

④蓋つけ・シュリンク包装

こちらはお姉さんが説明しながらやってくれます。
まずは蓋つけです。


機械にカップをセットします。


高温で蓋をプレスします。


蓋がくっつきました!


シュリンクに入れます。


90度の熱風をあてる機械にいれます。


シュリンクがぴったりくっついて完成です!

④エアパッケージに梱包して完成!

完成したオリジナルカップヌードルを持って、エアパッケージに入れてポンプで空気を入れれば完成です!

世界中のカップヌードルをバックに記念撮影をぱちり!

是非、皆さんもマイカップヌードルファクトリーを試してみてください!

その他施設について

マイカップヌードルファクトリー以外にも、もちろんたくさんありますよ!

インスタントヌードルトンネル

新旧のインスタントヌードルを見ることができます!

この中にKHコラボのチキンラーメンもありました!

ディズニー好きの方はこちらも是非見つけてみてくださいね。

研究小屋

安藤百福さんが研究するために作成した小屋の展示もありました。

チキンラーメンだけに鶏…?もいました。

小屋内もしっかり復元されていましたよ。


油がパチパチしたりする演出もあっておもしろかったですよ。

フォトスポット

カップラーメンの断面図がありました。インスタ映えしそうですね。

そして、インスタントラーメン発明60周年記念ということでひよこちゃんのフォトスポットができていました!
フォトプロップスもあって記念撮影にぴったりの場所ですね。

まとめ

他にもチキンラーメンファクトリーというチキンラーメン作成の体験などもありますが、こちらは予約必須なので気になる方は是非予約してから行ってみてくださいね。
ぽすまる達は前日位に行くと決めたので予約が埋まってしまっていました…。
体験すると決めたらできるだけ早めに予約したほうがいいかもしれませんね。

それでは!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Posmaruko , 2018 All Rights Reserved.